イボ
Home > 感染症 > イボ

イボ(ウイルス性疣贅)の患者様へ

当院では、液体窒素凍結療法 および 各種外用療法を行っております。液体窒素の痛みでお困りの方も、ぜひご相談ください。

■症状・原因

イボ(ウイルス性疣贅)は、ウイルスが小さな傷から皮膚に入り込み生じる感染症です。放置すると、ウイルスが徐々に増え、治すのに時間がかかります。イボに気づいたら早めに皮膚科を受診しましょう。

 ■診断

ダーモスコピーという拡大鏡で観察すると、肉眼では見えない小さな血管の拡張や角質の肥厚を確認できます。よく、ウオノメと間違われることがありますが、ダーモスコピーでみると、実はイボであることがほとんどです。

 ■当院で行っている、尋常性疣贅(イボ)の治療

早く治したい方には、液体窒素を用いて治療します。痛みはありますが、早く治ります。
ただ、痛みに敏感なお子さんは、恐怖心で病院が苦手になってしまうことがあります。当クリニックでは、痛くないイボ治療として、各種外用剤を用いた治療を提案しています。

イボは再発することも多い病気ですが、必ず治ることを信じて、あまり神経質にならないことも大事です。焦らず、根気よく治療しましょう。

 

1.液体窒素による凍結療法(保険適応)
2.ヨクイニン (ハトムギ種子抽出物)内服(保険適応)
3.モノクロロ酢酸外用
4.グルタルアルデヒド外用
5.高濃度サリチル酸ワセリン外用
6.活性型ビタミンD3外用  
7.デュオフィルム外用
8.高周波RFによる削切

■日本皮膚科学会ホームページからの引用写真です。