多汗症

ワキ汗にお困りの患者様へ 本邦初の保険で認可された多汗症の外用薬が発売されました!

ワキ汗にお困りの患者様へ
本邦初の保険で認可された多汗症の外用薬が発売されました!

                                                                       六浦皮ふ科院長 花田美穂
                                                                             2021年3月8日


手軽なワキ汗治療法があったなら。
そんな患者様の悩みにこたえる治療法が、保険適用になりました(エクロックゲル)。


↓クリックすると外部サイトにリンクします。
ワキ汗の情報・サポートサイト ワキ汗治療ナビ


当院で従来行っていた、塩化アルミニウム外用法(自費)と併用すると、さらに効果が出る場合があります。ワキ汗の悩みは、ぜひご相談ください。
多汗症とは、日常生活で困るほど汗の量が多くなる病気です。
ワキや手のひら、顔など、体の一部だけの多汗症と、全身の多汗症があります。
何か他の病気や障害が原因となって汗の量が多くなることもありますが、特に明らかな原因がないことも少なくありません。日常生活や仕事に支障をきたすほどの、ワキ汗に悩まされる原発性腋窩(えきか)多汗症。
治療の対象は、以下の患者様です。
・シャツのワキの部分に汗ジミができて人目が気になる
・ワキから汗がツーっと流れ落ちる不快感で勉強や仕事に集中できない

■治療方法

外用薬:汗をおさえる仕組みが違う、2種類のぬり薬があります。

①汗を出す指令をブロックするはたらきのあるぬり薬 (エクロックゲル)

わきの多汗症のみの保険適応です。
一日一回、わきに外用します。朝でも夜でもどちらでも大丈夫です。毎日継続して外用する必要があります。
外用4時間後に、最も効果が出ます。
アセチルコリンの刺激でエクリン汗腺の働きが高まると、多汗症を生じます。エクロックゲルは、アセチルコリンが汗腺にくっつくところをブロックします。アセチルコリンの刺激が伝わらないため、汗がおさえられます。
従来の塩化アルミニウムでかぶれてしまう方にも使用できます。

■エクロックゲルの治療費

価格 3割
 エクロックゲル 1本 (20g)  4874 円 1462 円 
令和311月までは11本の処方になります


②汗の出口を塞ぐはたらきのあるぬり薬 (10%塩化アルミニウム液、25%塩化アルミニウム軟膏)

 

わきだけでなく、手足の多汗症にも使用できます。塩化アルミニウムは、汗を出す管(汗管)を閉塞させ、発汗を減少させます。当院では、ローションタイプと、効果の強い軟膏タイプを用意しています(自費)。

軽症 

就寝前に、ワキや手のひらに塗ります。翌朝、水で洗い流します。

効果が出るまで毎日ぬり、効果が出れば週1から2回に減らして、ぬり続けます。

手のひらの中等症~重症の多汗症

就寝前に手のひらにぬり、さらに上からゴム手袋やサランラップで覆います。翌朝、水で洗い流します。

効果が出るまで毎日ぬり、効果が出た後は週1から2回に減らして、ぬり続けます。

多汗症の治療ガイドラインでは 、脇の多汗症には 10-35%塩化アルミニウム溶液の外用、手のひらや足の裏では20-50%塩化アルミニウム溶液の外用が推奨されています。

内服薬

漢方やプロバンサイン内服があります。医師にご相談ください。